鼻症例解説

【症例1】鼻翼縮小内側法他院修正

他院で2回鼻翼縮小内側法を受けられたものの直後から何も変化を感じなかった、傷だけ出来てしまったとのこと。鼻翼縮小内側法は切って縫うだけだとほぼ後戻りして意味のない手術となりやすい手術です。後戻り対策としてフラップタイトニングが必要です。直後は後戻りを想定してこのように過矯正とします。フラップをしっかりおけばこのように少ない後戻りで経過してくれることが多いです。

【症例2】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長+鼻翼縮小内側&外側法(フラップタイトニング)

ナチュラルな忘れ鼻をご希望でした。鼻尖を尖らせて、鼻翼は張り出しを減らし横幅も狭めることでコンパクトで存在感の少ない鼻にしました。

【症例3】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長+鼻翼縮小内側法(フラップタイトニング)

鼻を全体的に高くしたいご希望でした。過去に他院で鼻尖形成済とのことでしたが明らかに皮膚の余裕がなく極端に高くすることは難しいと予想されましたができる範囲で行うことにしました。開けてみるとすでに鼻中隔軟骨を用いて鼻中隔延長されていたため、耳介軟骨を用いてストラットを補強しさらなる延長を試みました。どうしても皮膚が伸びなく変化に限界はありますが元よりは明らかに高くご希望に近づけられたと思います。

【症例4】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長

【症例5】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長

鼻先をシャープに見せたいとご希望の患者様。目と目の距離が近くプロテーゼはいれたくない、小鼻縮小は傷が目立つのが怖いからまず鼻尖手術のみで行いたいとのことでした。鼻の軟骨の支持性が弱く、皮膚も厚い方であるため鼻尖手術ではっきりとした変化が出しにくい症例ではありますが、できる範囲でしっかりした変化を叶えました。

【症例6】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長

鼻先の丸みが気になる、ツンとした高い鼻になりたいとのご希望でした。理想の写真を見せていただくと、近年流行っている典型的な鼻で、鼻先が高く滑り台のようなアウトラインをご希望のようでした。鼻中隔延長で鼻先を前に伸ばすようにして、鼻先を高く細くしており、鼻根部は高くなりすぎないよう低めのプロテーゼをいれてバランスをとっております。鼻先の丸みが改善され、バランスの取れた仕上がりになったと思います。

【症例7】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長+鼻翼縮小内側&外側法(フラップタイトニング)

鼻先の丸みと小鼻の張り出しが気になるとのこと。鼻の手術は1つの手術で大きな変化を出しすぎると違和感が生じやすく、複合手術で全体的なバランスを考慮した手術を行うことが重要です。今回の症例は隆鼻術、鼻尖手術、鼻翼手術を複合して行うことでナチュラルでバランスのよい仕上がりを目指しております。存在感の少ない忘れ鼻に仕上がったかと思います。

【症例8】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長

鼻先の丸みが気になる、韓国系の綺麗な鼻になりたい。でも周りからバレたくないため、なるべく自然で高すぎない変化がよいとのこと。鼻の手術は一つの手術で大きな変化を出すと違和感が出やすく、プロテーゼ、鼻尖形成、軟骨移植、鼻中隔延長など複合手術を行うことが重要です。各手術の変化量は控えめでも、合わせて行うことで違和感が少なく、それでもしっかりした価値ある変化を叶えることが可能です。術後の写真をご覧いただくと、極めて自然な仕上がりかと思いますが、術前のような鼻先の丸い印象や鼻全体が低い印象もなくなり、綺麗系な鼻となっているかと思います。

【症例9】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長

鼻先の丸みが気になっていた患者様。鼻尖をなるべくシャープに、なるべく真っ直ぐな鼻筋に、少しアップノーズにしたいとのご希望でした。プロテーゼを加工してハンプを目立たないようにして、くり抜き鼻中隔軟骨による鼻中隔延長と耳軟骨移植で鼻尖を尖らせ、ややアップノーズ気味にしました。

【症例10】鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長

【症例11】プロテーゼ+鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長

鼻先の丸みが気になる、全体的に鼻を高くしたいとのご希望でした。少し鼻先が上向きで短めの鼻であったため、鼻先をやや下げてバランスを整えました。

【症例12】鼻尖形成+耳軟骨移植+鼻中隔延長

上向きの鼻が気になるとのこと。鼻先の向きを少し下げて、正面から見た時鼻の穴が目立たないようになりたいとのことでした。全体としては高くなりすぎるのは嫌で、ナチュラルな変化をご希望されておりました。自然な範囲内で高さは控えめに鼻中隔延長し、向きを少し下向きとし、鼻柱下降も行うことで、上向きの印象から、平均的な印象へバランスを変えました。

【症例13】プロテーゼ+鼻尖形成+軟骨移植+鼻翼縮小内側&外側法(フラップタイトニング)

鼻を全体的に高くしたいとのご希望でしたが、鼻中隔延長まではやりたくなくシンプルな鼻尖形成と軟骨移植移植でできる自然な範囲で高さが欲しいとのことでした。鼻先の向きを大きく変えるためには、基本的に鼻中隔延長が必要で鼻尖形成、軟骨移植のみでは極端な向きの変更は難しいです。そのため今回は鼻先の向きはそのまま、真正面に高さを出しております。またプロテーゼや小鼻縮小を合わせて、全体的にバランスよく存在感の少ない鼻を目指しております。まだ術後間もなく、浮腫みが強い時期ですが、腫れが引いてくるとさらにシャープに仕上がってくると思います。

【症例14】プロテーゼ+鼻尖形成+軟骨移植+鼻中隔延長+鼻翼縮小外側法+鼻孔縁挙上

つり目、白目の小ささと、鼻全体の低さ、丸みなどが気になるとのこと。たれ目手術と鼻手術を同時に行いました。鼻は小鼻の垂れ下がりが少し目立っていたため、鼻孔縁挙上も行いました。

【症例15】プロテーゼ+鼻尖形成+軟骨移植+鼻中隔延長

鼻先の丸みが気になる、シャープですっきりとした鼻になりたいとのこと。小鼻の広がりも気になっておられましたが鼻中隔延長で鼻先を高くすれば小鼻の張り出しも吹き飛ばされて気になりにくくなることや、小鼻は傷が目立ちやすい部位になることからまずは鼻筋・鼻先の手術を行いました。これだけでも十分シャープな印象になり、小鼻縮小は行わなくてもバランスの良い綺麗な鼻になったかと思います。

【症例16】プロテーゼ+鼻尖形成+軟骨移植+鼻中隔延長

鼻先の丸みと上向きの鼻が気になる、存在感の少ない鼻になりたいとのこと。鼻尖手術で鼻先を細く下向きとし、正面から見てもすっきりとした忘れ鼻としました。

【症例17】鼻翼縮小内側フラップ法

【症例18】鼻尖形成+軟骨移植+鼻中隔延長

【症例19】ハンプ切除+鼻尖形成+軟骨移植+鼻中隔延長+鼻翼縮小内側法