若返り二重切開

【症例1】眉下切開→全切開+眼瞼下垂修正

元々厚い一重瞼でしたがくっきりとした二重をご希望とされていた患者様。皮膚のたるみが多く、目の開きも弱いため、埋没法では二重にすることが難しいと判断しました。瞼の皮膚は睫毛側の方が厚く、眉毛側の方が薄いため二重切開から薄い皮膚を多くとると皮膚の厚みが増してしまいます。なので、まず眉下切開で厚い皮膚を取り除いた上で眼瞼下垂修正を行いました。瞼が厚い方、皮膚のたるみが多い方は二重切開の前の眉下切開も選択肢に入ります

【症例2】全切開+眼瞼下垂修正

元々目の開きの弱さと開きの左右差(右の方が開瞼が弱い)にお悩みであった患者様。眼瞼下垂修正で開瞼を向上させ、開きの左右差も調整しました。

【症例3】全切開+眼瞼下垂修正+目尻切開他院修正+目尻靭帯移動

窪み目、多重瞼など典型的な眼瞼下垂の患者様。目の開きを向上させることで若返りを実現しました。

【症例4】全切開+眼瞼下垂修正+目頭切開リドレープ法

経年と共に目の開きが落ちてきて上瞼の窪みが目立ってきていた患者様。眼瞼下垂修正で若返りし頃の目の開きを取り戻しました。目頭切開リドレープ法を併用することで丸いミックス型の可愛らしい二重瞼にしました。

【症例5】眉下切開+ROOF切除→全切開+眼瞼下垂修正

ぱっちりした平行二重をご希望でしたが、術前は瞼の重みと目の開きの悪さ、左右差が目立っておりました。瞼の厚みを効率的に減量するためには全切開アプローチよりも眉下切開アプローチの方が有効であるため、まず眉下切開を先行しました。ROOF切除をしっかり行った割には比較的腫れが少なく経過したため術2週間後に眼瞼下垂手術を行いました。複合手術により術前に指摘された上記問題点が改善され左右差の少ない華やかな平行二重となりました。

【症例6】全切開+眼瞼下垂修正

目の開きの悪さ、不自然に幅広い二重幅が目立っていた患者様。この開瞼力ではこの二重幅を食い込ませることはできないでしょう。非常に眠たそうな印象となっておりました。眼瞼下垂手術で開瞼を上げて二重幅も適正な幅に設定することでしっかり目が開くようにし、瞳に差し込む光量を増やすことで若かりし頃の瞳の輝きを取り戻しました。

【症例7】全切開+眼瞼下垂修正

ぱっちりとした二重瞼をご希望でした。元々一重瞼で目の開きが弱く眉毛挙上が強く窪み目であったため二重の食い込みを作ることがなかなか難しいことが想定されました。眼瞼下垂手術でしっかり開きを上げることで窪みを改善し食い込みの深い二重瞼としました。

【症例8】全切開+眼瞼下垂修正

【症例9】全切開+眼瞼下垂修正+真皮脂肪移植による窪み目修正

【症例10】全切開+眼瞼下垂修正

【症例11】全切開+眼瞼下垂修正+真皮脂肪移植による窪み目修正

【症例12】全切開+眼瞼下垂修正

控えめな奥二重から末広二重になりたいとのこと。余剰皮膚が多く、二重埋没法で行うと余った皮膚が被さり生え際が全く見えない怖い顔貌となってしまいます。眉下切開または二重切開で余剰皮膚を切除し、前額リフトで眉位置を上げるのが理想的ですが、傷跡のリスクや何度もダウンタイムを確保できないことなどの問題から眼瞼下垂手術のみで行いました。経年による開瞼低下は、あくまでも自然な範囲内で改善致しました。

【症例13】全切開+眼瞼下垂修正

生まれつきの目の開きの左右差が気になるとのこと。右目の方が目の開きが弱い状態でした。目の開きを調整し左右差を揃えました。写真を術前後で比較いただくと室内灯の当たり方が、術前は左のみに光が映っていたのに対し、術後は左右均等に光が差し込んでいると思います。このような微細な変化も可能です。

【症例14】全切開+眼瞼下垂修正+真皮脂肪移植による窪み目修正+表ハムラ+ミッドフェイスリフト

【症例15】全切開+眼瞼下垂修正+真皮脂肪移植による窪み目修正

【症例16】全切開+眼瞼下垂修正

【症例17】全切開+眼瞼下垂修正+対側眼窩脂肪移植による片側窪み目修正+目頭切開

【症例18】全切開+眼瞼下垂修正

【症例19】全切開+眼瞼下垂修正